2018年5月10日木曜日

税理士ドットコムで税務相談

確定申告時に相談したいことがあって、確定申告の期間中に確定申告会場に行ってみたが、その時は「確定申告の書類を書きながら聞く」と言われ、取りやめたものがあった。
自分が住んでいる市で税理士会が無料の税務相談をしているが、日は限られているし、予約は必要だしで使い勝手が少々悪い。

ということで、ネット検索してみると、「税理士ドットコム」というサイトで無料で税理士に相談できることがわかった。

ユーザー登録してさっそく質問を書いてみると、1時間もしないうちに1件回答があり、翌日には違う税理士さんからの回答があった。

いただいた回答で持っていた疑問は解消してすっきりした。

税務相談をしたい、税理士さんを探したいという時はおすすめのサイトである。

税理士ドットコム



2018年5月8日火曜日

損切りの効果(結果)

最近読んだ投資本のうちで二冊が「損切りは大事」と書いてあった。

「実践 生き残りのディーリング」(矢口新 著、パンローリング)より
86 損切りの徹底
損切りが難しいなどといっているうちは、まだ駆け出しです。
損は切るもの。アゲインストのポジションは、持ってはならないものなのです。 アゲインストのポジションからは、まともなものは何ひとつ生み出せません。必要以上のエネルギーを浪費させ、相場観を狂わせ、機会利益を減少させ、ひいては取り返せないほどの損を抱える危険をはらんでいるのです。
「ミネルヴィニの成長株投資法」(マーク・ミネルヴィニ著、パンローリング)
「第12章 リスク管理1ーリスクの性質」より
株式投資の手法に関係なく、大きな損失からポートフォリオを守る方法はひとつしかない。それは損失が小さくて、雪だるま式に増える前に切ることだ。
 絶対に損を出さないと言えるほど、トレードがうまい人はだれもいない。間違いは避けられない。しかし、間違ったままでいるのは、自分でそうしていることだ。間違ったままでいると、致命的になることもある。
と言ったように、繰り返し記述されている。
そして損切りをすることは難しいとも書いてある。
自分も過去に個別銘柄を買って値段が下がったものを、ナンピン買いしたり、数十%下がっても持ったままだったりということが何度もあった。
これらの本を読んだ今年の3月頃に損が出ていた銘柄をバッサバッサと売却した。
購入してから1ヶ月も経っていないものもあれば、数ヶ月経ったものもあった。
売却から2ヶ月ほど経って、それらの株価がどうなったのかを見てみた。

売却した銘柄数:10のうち

  • 損切りした価格よりさらに下がっているもの:3
  • 損切りした価格より上がっているが、元々の買値よりは下のもの:6
  • 元々の買値よりも値上がりしたもの:1
となった。
損切りしたものはやはりトレンドが悪いものが多く、値上がりしていない。
損切りは必要経費と考えてとっとと切っていこうと思う。





2018年4月27日金曜日

さわかみファンドがオラクルを購入

さて、最近の日本株アクティブファンドといえば「ひふみ投信」が大人気であり、
「さわかみファンド」は投資ブログ界隈ではあまり言及されない。
私は家計用の資産形成(自分の資金とは別勘定)を2000年12月からさわかみファンドにて積立投資をしている。

久々にさわかみファンドの月末のレポートを読んだら、初のアメリカ株として「オラクル」に投資していたことがわかった。
保有株数は下記の通り。
  • 2018/3末時点のレポートでは15,000株
  • 2018/4末時点のレポートでは50,000株

「さわかみファンド」は1999/8の設定来、日本株にのみ投資してきていたが、日本株のみに限定しているわけではなかった。
昔から、「外国株にも投資することはありうる」と言っていたが、設定から20年弱にしてようやく投資したのが、オラクルだった。

しかし、なぜオラクルなのか、なぜこのタイミングなのかと言ったことは不明。

月次レポートの組み入れ銘柄の部分はファンド保有者は最新号が見られるが、非保有者は2ヶ月前のものしか見られない。

月次レポートのリンク
https://www.sawakami.co.jp/know/fund/report/

2018年4月22日日曜日

最近の株安で考える

今年の2月くらいから、アメリカ株、日本株と共に軟調になっている。

1月から2月にかけて日本株の個別銘柄をいくつか買った。
それらのいくつかは買値よりマイナスとなって、「あーあ」となっている。
しかし、昨年の2月~10月くらいに買ったものはプラスなので、まだ大丈夫。

個別株を買って下がってしまうと、本当にその銘柄を選んで良かったのだろうかと不安になる。もちろん長期的にこれから成長するだろうということを想定して買っている。

たまたま市場の軟調につられて下がっただけだろうし、業績はここ数ヶ月で変わってないし、そんなに心配はしていないが、それでも心は落ち着かない。
昨年末から今年の1月くらいまでは市場の勢いもあり、「大きく増やすならファンドより個別株だろう」とイケイケドンドンだった。
そう考えると、個別株の投資は値動きが大きく、銘柄選択の難しさもあり、面倒だなと思う。

ベースとしてのコア投資の方は、

  • ETF:投資してから5年以上経過して、年4回の配当があることもあり、すべてプラス、問題なし
  • 投信:積立投資で積み上げており、市場が強くても弱くても問題なし。

という状況。

このようなコア投資があるから資産運用全体としては問題ない。

2018年3月23日金曜日

セミリタイア後の投資状況

昨年9月にセミリタイアとして仕事を辞め、現在は無職の状態である。
在職時と現在の投資状況を整理してみよう。

1.在職時

在職時は毎月の給与から積立投資をしていた。
  • 70,000円/月をNISAで投資信託の積立投資
  • NISA枠をいっぱいにするまで、投資信託をスポット投資
  • それでもお金が余る場合は個別株・ETに投資(ボーナス時など)
という感じで進めていた。

2.セミリタイア後

セミリタイア後はどうしているか?
  • 70,000円/月をNISAで投資信託の積立投資
  • NISA枠をいっぱいにするまで、投資信託をスポット投資
  • 20,000円/月iDeCoで投資信託の積立投資
あれ?給与収入ないのに積立投資できるの?と思うかもしれないが、
現金資産として銀行預金にある程度保有しているので、今はまだその中から積立ができている。
ただそのうち(数年以内)厳しくなっているので、その後は課税口座の株式または投資信託を一部売却しつつ、非課税のNISA・iDeCoに変えていくつもり。

あと、自分の資産ではなく、家庭の資産として積み立てている投資信託を定期的に解約して、賃貸住宅の家賃支払いに充てていく。
それでも約7、8年はまかなえると思う。

定期的な給与収入はなくなってしまったが、配当収入やら手持ちの株式の一部を売って、他の銘柄に変えていくことで、株式投資に対する充実度?を保っている。

給与収入ががっぽりなくなったはずだが、日々の生活は至って平穏である。
それは支出もだいぶ減ったからだと思う。
給与から毎月天引きされていた健康保険料とか厚生年金などがなくなり、これらは年に1回まとめて払うだけなので、その時は負担感を感じるが、それ以外の時はあまり支出がない。

働いている間は外食費やら色々かかっていたが、家にいることが多くなって必要最低限くらいの支出をしていたら、そんなに支出の負担感もない。
無理して倹約してはいないが、自然と支出を抑えるような意識は働いてしまう。


ということで、セミリタイアしても、現時点では投資状況はそれほど変わっていなかった。


2018年2月16日金曜日

確定申告完了(e-Tax利用)

確定申告をすべて完了した。

前回確定申告の入力は国税庁の確定申告のページで完了させていたので、最終確認してe-Taxで送信するだけ。

前回作成したデータを読み込んで申請内容を最終確認する。
提出日として今日の日付を入力し、PCにICカードリーダーを接続、マイナンバーカードを読み込ませて申請。

画面に従って進めるだけなので、特に問題なし。

昨年までは書類作成したものを印刷して送付していた。
その印刷して封筒に入れ切手を貼ってポストに入れるという手順が必要なくなったので、大変楽になった。


2018年1月25日木曜日

確定申告:所得税と住民税の課税方式選択について

さて、今月発売のマネー雑誌は毎年おなじみの確定申告の記事。

所得税と住民税の課税方式を別に選択できる旨が明確になったとの記事ももちろん掲載されていた。
売却損がない前提で、配当所得を総合課税にするか申告分離課税にするかを選択する場合、課税所得が695万未満なら総合課税がお得ということだったが、これは所得税と住民税の課税方式が同じ時の話し。
所得税と住民税の課税方式を別にする場合は、課税所得が900万未満までは
「所得税:総合課税、住民税:申告不要(または申告分離課税)」
の方がお得になるらしい。
といっても695~900万の場合、その差は0.2%分なので微々たるものだが。。

参考記事:
マネーの達人:今後住民税の配当所得の課税方式選択で総合課税はあり得ない

さて、自分はこれを選択するか?

いやまぁ少額だし、面倒だから今年は申告分離課税にしとくか。。
所得が695万未満の場合はもうちょっとがんばる気になるだろう。